運送業許可
ホーム > 許可要件 > 一般乗用旅客自動車運送事業(個人タクシーを除く)

一般乗用旅客自動車運送事業(個人タクシーを除く)の許可要件

1 営業区域について
2 営業所について
3 事業用自動車について
4 車両数について
5 自動車車庫について
6 休憩・仮眠施設について
7 管理・運営体制について
8 運転者について
9 資金計画について
10 法令順守について
11 損害賠償能力について


1:営業区域について

・ 道路運送法施行規則第5条に基づき、
 運輸局長が定める営業区域を単位とするものであること
(定めの無い営業区域については、
 原則として市郡単位として設定されているものであること)
・営業区域に営業所を設置するものであること


2:営業所について

・営業区域内にあること
(複数の営業区域を有するものにあっては、
 それぞれの営業区域内にあること)
・営業所の土地・建物について、3年以上の使用権原を有していること
・建築基準法、都市計画法、消防法、農地法等、
 関係法令に抵触しないこと


3:事業用自動車について

・事業用自動車について、使用権原を有していること


4:車両数について

・申請する営業区域において、
 定められた車両数以上の事業用自動車を配置すること
(一般の需要に応じることができない車椅子専用車両等は含まれません)


5:自動車車庫について

・原則として営業所に併設するものであること
(併設できない場合は、営業所から直線で2キロメートルの範囲内にあり、
 運行管理をはじめとする管理が十分可能であること)
・車両と車庫の境界及び車両相互間の間隔が、
 50センチメートル以上確保され、
 営業所に配置する事業用自動車の全てを収容できること
・他の用途に使用される部分と明確に分けられていること
・土地・建物について3年以上の使用権原を有していること
・建築基準法、都市計画法、消防法、農地法等、
 関係法令に抵触しないものであること
・事業用自動車の点検、整備及び清掃のための施設が、
 設けられていること
・事業用自動車の出入りに支障の無い構造であり、
 前面道路が車両制限令に抵触しないこと
(前面道路が私道の場合は、使用権原者の承諾があり、
 当該私道に接続する公道が車両制限令に抵触しないこと)


6:休憩・仮眠施設について

・原則として営業所又は自動車車庫に併設されていること
(併設できない場合は営業所および自動車車庫のいずれからも、
 直線で2キロメートルの範囲内にあること)
・他の用途に使用される部分と明確に区画され、
 かつ事業計画に照らして運転者が、
 常時使用することができるものであること
・土地・建物に3年以上の使用権原を有していること
・建築基準法、都市計画法、消防法、農地法等、
 関係法令に抵触しないものであること


7:管理・運営体制について

・法人では、当該法人の役員のうち1名以上が専従であること。
・営業所ごとに、配置する事業用自動車の数により義務づけられる、
 常勤の有資格の運行管理者の員数を確保する管理計画があること
・運行管理の担当役員等運行管理に関する指揮命令系統が明確であること。


8:運転者について

・事業計画を遂行するに十分な有資格の運転者を、
 常時選任する計画があること


9:資金計画について

・所要資金の見積が適切で、
 かつ資金計画が合理的かつ確実なものであること
・所要資金の50%以上であり、
 事業開始当初に要する資金の100%以上の自己資金が、
 申請日以降常時確保されていること。


10:法令順守について

・申請者(申請者が法人である場合は業務を執行する常勤の役員)が、
 一般貸切旅客自動車運送事業の遂行に必要な、
 法令の知識を有する者であること


11:損害賠償能力について

・申請者または申請者が法人である場合は、業務を執行する常勤の役員が、
 一般貸切旅客自動車運送事業の遂行に必要な
 法令の知識を有する者であること。



運送業,許可,行政書士